KAHALA HOUSE 本文へジャンプ
全てのページにおける無断転写を禁じます。
随時出店依頼受付中!

世田谷区を中心に28年ほど続くKAHALA HOUSEはリゾート好きオーナーがアメリカンスタイルのケータリングカーとしてスタートし、カハラハウスT号に続き、カハラハウスU号も仲間入りし、皆様からご愛顧をいただいております。
自然な中での温かみあるイベントを中心に、出店させていただいております。
(とはいえ生活がかかっていますので、赤字イベントはスルーです。笑)
屋台からフードトラックやキッチンカーというネーミングに変わりつつあり、
こだわりのある個性豊かなお店が続々と増えています
始めたころは路上営業が主体でしたので想像もできない時代になりました
とても真似はできませんが 頭が下がる思いと応援する思い、、
 私たちは時代の流れについていくということはあえてせず
自然体で開放的 自分らしく生きる道の選択
遊び心をそそる「屋台」という昔ながらの文化を尊重し
自分たちも楽しみ そんな懐かしさを楽しんでいただきたい
この先も独創 古くからのお付き合いを大切に 義理人情を保ちながら
つないでいきます
現在は主にダイレクト業務が中心となります お気軽にお声掛けください

これまで参加させていただいた主な掲載誌やイベント

apo、GATE'N、CADET、Hanako、週間現代、ViVI、VIEWS エルティーン
FIGALO メンズファッション POPEYE、Fine 東京1週間、セブンティーン 世田谷ライフetc.....
各地花火大会 サーキット会場 各種スポーツ大会 TVドラ マ TVCM はなまるマーケット 情報番組 ニュース 国際フォーラムイベント 夏フェス、世田谷区イベント、国際フォーラム、東京ビッグサイト等
海、山イベントet

------ オーナーのつぶやき ------
長年私たちの生活拠点でもある目黒や世田谷区を中心に既に数万人のお客様にご愛顧頂き、ただただ感謝感謝の毎日です。
このお仕事が大好きで仕事をしていてもストレスから開放されるのです。好きな仕事だからこそ皆様にも喜んでいただけるのでしょうね。
そしてこの大都会東京にもオアシスが沢山あります。
 しかし、ケータリング(屋台)というお仕事の運営に当たっては、さまざまな不安要素やトラブルなどが絶えないのですが、この仕事の楽しさとお客様に支えられて、なんとか私共の最長新記録の仕事に出会えたようです。 (しかしこのお仕事だけでは生活できません。。。楽しいけれど大変なことが沢山あります)

諸外国では当たり前のようにケータリングカーの販売ができる公共のスペースが用意されているのに対し、日本では、移動販売という名目でしか営業ができない事が多い為、規制も多く、まだまだ端においやられているのが現状です。(非常に遅れていますね)
昨今ようやく、一般的に受け入れていただく環境が整いつつあります。
23区の一部地域もさまざまな条件のもとに受け入れを開始しました。
将来的にも継続が期待できそうです。
  キッチンカーの普及に伴い、LPガスの事故、食品事故等防止に努め、各事業者の衛生管理や防災管理の見直しや行政の調査、衛生基準、車両構造、取扱品目なども再確認していくことも必要になってくると思います。

開放感のあるアメリカンスタイルのケータリングカーで、皆さんの町や、各種イベント等にも出没いたします。

-----------------------------------------------------------------------------
”知らない人にはそっけない日本人”というイメージを勝手に植えつけていたけれど、数え切れないお客様を通じて日本人てもしかしたら世界一お行儀が良くて人付き合いが上手な人々なのかもと思った。日本人の謙虚さや人に合わせられる心遣いは本当にすばらしい国民性。
数え切れないお客様と出会って人として一番大切なことを学ばせてもらったことは何よりも自分たちの財産です。
 
悲しいニュースや景気の悪いニュースばかりが増え続けていく世の中で世界中がどんよりとした雰囲気だけれど道を切り開いていくのは自分自身。
昔と違って物に溢れ、贅沢病になっている多くの人々は何かしてもらう、与えてもらうことを待っている事が多すぎるような気がする。
バイタリティーって生きる活力になるからこんな時代だからこそ楽しいことに向かって突き進んで行きたい。

お金ってある意味怖い 場合によっては人を変えてしまう、、

とても大変な時代と周りは騒いでいるけれど私たちは常にマイペース。
どんなことでも自分たちで考え、小さな目標でもいいから目標を定めて努力して達成したらご褒美。この繰り返し。
私たちは仕事でも行く先々で必ず小さくてもいいから楽しみを見つけていきます。
 戦争を経験し、大変な苦労を乗り切って日本を支えてきてくれた日本人がこの世から少なくなってきた今、人として本当に大切なことを教えてくれる人が少なくなってきた。
自分自身、親から戦争中の出来事、大変だった生活のことを聞かされ、物の大切さ、命の尊さ、まごころ、義理人情などわずかだけれど学ばせてもらった。
子育ての中で学業よりもまず先に人として大切なことを子供達に伝えていきたい

世の中の便利グッズもこれ以上過剰にならないといいなーー
アナログも味があっていいよね。

なーんて長いひとりごとにお付き合いくださってありがと〜 遊びにきて〜