移動販売って


 屋台は日本の文化 日本人にとっては楽しみの一つ
 昔から縁日ではテキヤさんがみんなを楽しませてくれます

開業廃業は簡単だけど生き残るのはどんだけ〜〜〜大変かということを知らずに始める人がほとんどでしょう
マスコミではよいところしか取り上げません だって視聴率稼ぎですものね
情報は自分で集めて 熟知したうえで転職 そして万が一の時にどうするか次のことまで考えて起業することをお勧めします
 ネットで移動販売 キッチンカーと検索すると無数にでてくる数々の情報
協会や専門家と称する人々、事業者がいることいること セミナーと称して金をふんだくっている (おっと失礼) 商売がなりたっているようですね
移動販売をやったこともない人がこの事業で大成功しているらしい 
これに乗っかって 苦しんでいるオーナーがどれだけいることか 誰が悪いわけでもないけど 自分でしっかりと情報をつかむことが大切です
 なぜならこの28年ほど同業者で続いている人がほとんどいなかったというのが実情です ほぼ3年から5年、、
我がお店も別業務と連携し継続できております 
楽しそうでもうかっていいなーなんてよく言われましたが 固定店舗であればしなくていい
例えば 日々の冷蔵庫内食品すべての出し入れ(電源がきれますので車内には置いておけません)荷物の上げ下げ発電機なんてうちのは40キロほどあります 出店以外は仕込み買い出し 出店場所探し
この仕事1本の人は家にいても仕込みの日々 重労働です
パートナーとのけんかも増えるし 離婚もね。。。仲良くなったって人がいたらどんな風に過ごしているのか聞いてみたい^^
でもそれぞれが一生懸命なのです、、

 一番苦労するのが出店場所:今はコーディネート事業者 イベント会社からの紹介などが多いでしょう (私は手配士と呼んでいますが)紹介料として売り上げの15%とか20%などが多いかと思います 
私どもはこの現代の形態にはなじめないので 長いお付き合いの業者さん以外ほぼダイレクトが中心です 全て長年の信頼でなりたっています
移動販売という重労働の上に経費もかさむ商売の売り上げの一部をぴんはねされるのはどうもね というところが本音 場所代や設置料は当然納めなければいけませんが、、
会社によってはさまざまな決め事がおおい場合もありますので実質商売人というより雇われているようで非常に息苦しい そんな声 度々聞こえてきます

 こだわりのあるというと聞こえはいいのですが そのこだわりによってはとんでもなく邪魔なもの
売りたいものと お客様が求めているものは違う場合が多い 視点がずれている人がとても多く感じます
プロの料理人が屋台を始めたとして聞こえはいいけれど 屋台を始めるなら一度この肩書は置いといて 商売人に徹することが継続のヒント
職人さんは全般的にプライドが高い人も多く 自分の料理は絶対 とか思っているでしょう
そりゃプロだからうまくて当然でしょう 屋台で求められているものかどうかとか ニーズに適合しているか など 多くのオーナーさんとかかわったり相談を受けてきて 感じたことでした
あとは場所 あそこは売れている という言葉をよく耳にします じゃー誰が言っても売れるか? そんな甘くないです そのお店が売れるのであって 自分が売れるとは限らない 最初は珍しいからだいたい売れるのですが 継続できる中身であるかが一番大切
 継続できそうな人→行動が早い 切り替えが早い 好奇心旺盛 観察力 人好き 現状に満足しない 探求心 自分でやるやりたい 人を頼らない 想像力と思いやり 右へ倣えをしない こだわらない柔軟性。。
今こうして書き出してみて 今の世の中勢いがなくなっていて 喜びに満ちている人が減っている 他者干渉 評価 群集心理 同調圧力 。。。
グローバル化して本来の日本人の良いところ 文化が消滅していく 時代を戻したほうがいいのだろうなーとつくづく思う これ以上便利はいらない
話はそれましたが
自営業の良さを生かして勢いをつけて日本中を明るくしたいですね
幸せは自分でつかまなければ待っていてもこないのです

日本の家庭ではお父さんかお母さんが作る食事をほぼ毎日食べているという家庭ならば家飯が何よりのごちそうでしょう 日本人の料理は世界一だと思います 
商売の継続には定番がつきものかなーと感じます 固定店舗でも同様に思います


今の世の中現状が継続できるとも限らずこの仕事も クライアントさまからいつ戦力外通告を言い渡されるかわかりません だから次の事やWワークトリプルワークを身に着けておくと安心 
車両選び
資金でお悩みの場合、キッチンカーの中古車両を探すのが資金面ではベスト
初めから造るとなったら驚くほどの額となるでしょう
そして 車の大きさ すぐに大きい車両がほしくなるとおもいますが 
資金がない場合は、軽からスタートして資金安定したならば、その後乗り換えてもよいと思います。
(車部門では中古キッチンカーの買い付け販売も行っています)

路上出店
近年ほぼ出店できない状況になりましたが出店環境や形態によっては可能な場合もあります 調査してみてください
路上だからといって、勝手にいろんな場所で出せると思うと大変な目にあいます。
あらゆる面で一番トラブルが多く、もっとも制約が多い事とされます。
具体的には、警察、近隣住民や店舗、公共管理者、その他皆さんが想像されている通り
既存店舗へのお伺いや路上ルールを十分に理解しましょう
ルールや常識を無視した行動は、タブーとされています。(どんなことでもそうですね)
何をするにもマナー、モラルを備え社会と共存していくことは第一条件ですね。

おまけ 同業者様向け

つり銭詐欺、金品盗難、事故などご注意
商売をしていると、いろんな方が見えます。
若いスタッフが対応している時、レジで1000円しかいただいてないのに、1万円だしたと言ってきた人がいた。
お金を先に引き上げてしまったのですが、すぐそこにあったので「違う」と伝えたらすぐ帰っていった。
いろいろ勉強していくうちに、つり銭詐欺なるものがいるということ、レジ対応の際
1.いくらお預かりした旨声に出して伝える。
2.頂いたお金は全ての精算が終わるまで引き上げない。
3.万が一あとでお金が足りないなどと言われた際は、絶対に渡さない、精算時に誤差があった場合は連絡先をお聞きしてお戻しする、困ったら警察に(こういったことはこれまで一度もありませんが)

盗難
忙しいイベント時、私物金品など施錠せずにフロント席に置いている間に盗難という
被害が報告されています。

事故
近年ガス爆発などの火災事故がいくつか報告されています。
 LPガスはホースのつなぎ目や劣化の状態を毎回チェックしましょう。
火をつけっぱなしとする場合、不完全燃焼の定期チェック、点火の際やライターを使用する際は火をつける前に不完全燃焼の確認を!
 カセットコンロはしっかりとボンベが装着されているか確認。漏れている場合シューっと音がしますので入れ直しましょう。そのままですと火が燃え移ります。
 発電機はガソリンを使用しますので、こちらの取り扱いも要注意です。

消火器は必ず備えましょう。

過去にLPのガス漏れによる火災事故に遭遇しました。

様々なキッチンカーを目にしますが、狭い車内での火の取り扱いは大丈夫なのだろうかと思うことがあります。
何かあってからでは遅いので、これから始めようとするメニューも安全面を第一に。

私どもも常に安全を心掛けてまいります。